ヘドロ・建設汚泥用
安定固化材

スーパーシルトロック

人の生活や産業活動で汚染された貧酸素域の低質汚泥を団粒安定固化物に変え、栄養源に富む有用資源として活用し、資源生態系が有する再生浄化能力をサポートします。

用途

高含水泥土の濁水流出や悪臭の防止、再資源化

優れた吸水性と悪臭発生物質吸着力で高含水泥土の団粒安定固化や再資源化に貢献します。

特徴

①環境適応型:

天然無機系の素材で構成されているため、安全で環境への悪影響がありません。

②作業効率への貢献:

少量で高含水軟弱土を短時間の攪拌で瞬時に団粒固化するため、運搬・処理などの作業効率を格段に向上させます。

③再資源化:

高い保水性と水分中塩分の排出を両立し、重金属等が含まれていない土の場合は植物の生育も可能な有用資源として活用が可能です。

メカニズム

①水の物理的吸着作用による超速硬化

親水性繊維状物質が水分を瞬時に吸着して架橋反応を開始し、瞬時に硬化しはじめます。

②反応性シリカ成分による吸着

吸着された水は反応性シラノール基を有する繊維状物質をゲル化し、軟弱土の中の有害物質(悪臭物質や重金属)を包合して再溶出を防止します。

③高含水軟弱土の団粒固化作用

ポリシロキサン塩の針状結晶による軟弱土の粒子間結合により、高含水汚泥の団粒安定固化を促進します。

④イオン置換、ポリシリカバランスネットによる固化物強度の維持

形成されたポリシリカバランスネットにより含水率が低下し、固化物強度・浸水性と適度な保水性が維持される。雨水による軟弱化・浸食・流出を防ぎます。

プロセス

※実験では15秒程度の攪拌で団粒安定固化を実現。

ssr-process

豊前発電所 浚渫
スーパーシルトロック使用現場写真

ssr-process

養殖池等における法面施工

  • 素早い団粒安定固化力と撥水性により劣悪な環境下でも施工した法面の流出を防止。
  • 耐久性に優れ、池内での人的作業による破損を防ぎます。